成長にアルギニンは重要じゃない?量やコスパより大事なことは?

メイン画像

昔は身長を伸ばすといえばカルシウム=牛乳でした。

 

現在は少し事情が代わってきています。

カルシウムも大事だけど最も大事だと考えられているのは

「アルギニン」

 

アルギニンとは?背が伸びる理由は?

イメージ画像

 

アルギニンはアミノ酸の一種です。

 

アルギニンには

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 免疫機能の向上
  • 脂肪代謝の促進

といったさまざまな役割があります。

 

成長ホルモンの分泌を促す働きがあることから、

アルギニン=身長を伸ばす栄養素

と考えられるようになりましました。

 

このアルギニンですが、

実際に医療現場で低身長のお子さん向けの

成長ホルモン分泌チェックのためのテストにも使われています。

 

このアルギニンは私たち大人においては

体内で生合成される「非必須アミノ酸」なのですが、

子どもたちの体内ではわずかしか合成されません。

 

つまり、子供にとってアルギニンは

食品等(体外)から摂取しなければならない

”必須アミノ酸”なのです。

 

そういったこともあり、

成長期サポートサプリメントの多くの種類に

アルギニンが配合されています。

 

アルギニンの必要摂取量は?

 

アルギニンは一日に4000mgは摂取することを望まれています。

 

成人の体で9000mg以上摂取すると過剰摂取になりますが、

それ以下の場合は問題ありません。

 

成長期の子供については5000mg程度あれば

なお良いと考えられています。

 

ちなみにアルカリ性の強いアルギニンは

一度に過剰に摂取すると腹痛や下痢、

吐き気や胃もたれの原因となる場合もあります。

 

ですがこれはごくごく稀な場合で、

基本的にはそこまで心配する必要はありません。

 

一日に必要なアルギニンを食品で摂取すると?

コラーゲンたっぷり豚料理

一日に必要なアルギニン4000mgを

食品で摂取する場合、以下の量を食べなければいけません。

100gあたりのアルギニン含有量(mg)

豚ゼラチン7900mg、乾燥湯葉4400mg、高野豆腐(凍り豆腐)4100mg、かつお節4000mg、エビ1800mg、鶏むね肉(皮なし)1500mg、豚肉ロース1300mg、鶏むね肉(皮なし)1500mg、鶏ひき肉1500mg、卵黄1200mg、牛レバー1200mg、鶏レバー1200mg、豚レバー1100mg、牛タン1000mg、牛サーロイン800mgなど

アルギニンは肉類や大豆類、エビ・カニ類、カツオなどに多く含まれます。

 

食べ盛りで肉料理を300g以上ペロリと食べてしまう子には

難しい量ではないかもしれません。

 

ですが、毎日の献立や食費の都合などを考えると、

毎日基準値を満たすのはちょっと大変な気もしますね。

 

アルギニンはサプリで補うべき?

イメージ画像

成長期に必要な栄養を食事だけで補うのは意外と難しい。

だからこそ誕生した成長期サポートサプリ。

 

食費+αのコストが掛かりますが、

それでも食事だけでは摂取不可能だったはずの栄養が

毎日簡単に摂取できるのだから、とても優れた商品であると言えます。

 

アルギニンももちろんサプリメントで補うことが可能です。

 

アルギニン配合の成長期サプリメントはさまざまあるのですが、

吸収率の高いL-アルギニンを配合したものや、

配合量の多い商品はとくに人気があります。

 

アルギニンの量と身長アップ率は比例する?

アルギニンを配合している成長期サプリの

販売元の多くは、アルギニンの配合量を公開していません。

 

しかし一部のサプリメントはアルギニンの配合量の多さをウリにしています。

(私が把握する成長期特化サプリの中で、一日分のアルギニン量が

最も多いのはドクターセノビルの5000mgです)

 

そんなアルギニン高配合のサプリメントですが

実はそれなりにお値段が高いんです。

 

「効果が高いものには費用を惜しむなってことよね~」

と思いましたか?

 

もしそう思ったあなたは

ぜひ成長期サプリメントを選ぶ視点を見直してみませんか?

 

アルギニンの経口摂取効果ははっきり分からない。

少しでも可能性があるのなら、

わが子にアルギニンをたくさん摂らせてやりたい。

それが親心ですよね。

 

ですが、こんなデータがあります。

以下、国立スポーツ科学センターの調査結果です。

<成長ホルモン分泌促進>

  • アスリートを対象とした研究では、
    1. (1)男性有酸素トレーニング経験者15名 を対象に、運動前にL-アルギニンを体重あたり0.075 g摂取させたところ、血中成長ホルモン濃度や心拍数、血圧に影響は認められなかった。
    2. (2)男性ウエイトトレーニング経験者18名を対象に、運動前に体重あたり0.075gのアルギニンを摂取させたところ、運動中に血中アルギニン濃度が上昇したが、成長ホルモン濃度に影響は認められなかった。

 

この実験では0.075g/kg摂取なので、60kgの人だとしたら4.5gつまり、

一日の摂取基準値ぐらいのアルギニンを経口摂取しても

成長ホルモンの濃度に変化がなかったということです。

 

実験の対象人数も少ないですし、この研究結果が確実とはいえませんが、

ちょっとショッキングな結果です。

 

一方でこんな研究結果も。

味の素のスポーツ栄養科学研究データからの抜粋です。

 

Knopfらが実施した、早朝の空腹時に健常な成人に対して、各種のアミノ酸をそれぞれ30gずつ静脈内に投与し、その30分後の血しょう中の成長ホルモンの濃度を測定した実験では、アルギニンを投与した際に、このホルモン濃度が最も上昇する結果となりました。

引用:https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports-eiyou.html

https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports-eiyou.html

コチラの研究ではアルギニンによる成長ホルモン分泌効果が確認されています。

 

この研究と、前者の研究で異なるのは

摂取量と摂取方法です。

 

前者は経口で一日の必要量程度のアルギニンを摂取。

後者は30gという多量のアルギニンを静脈に直接投与。

 

医療現場の低身長のテストで使用されるアルギニンも

後者のように点滴などで血管に直接投与するタイプです。

 

つまり、アルギニンには成長ホルモン分泌を促す効果があるものの

口から摂取する程度の量では、

大きな効果は期待できないということが分かります。

 

成長期サプリの価値はアルギニンの量や値段では決まらない

上の研究結果から考えるに、

市販の成長期サプリメントに含まれる程度のアルギニン量では

成長ホルモン分泌に与える影響は決して大きくないと言えます。

 

つまりサプリメントのアルギニン量と効果は

比例するわけではないということです。

 

ということは”アルギニンが多いから”と

割高なサプリメントを買う必要もありません。

 

すると、ここで疑問が生まれます。

アルギニンに効果がないのなら、

マルチビタミンとミネラルサプリで事足りるのではないか?と。

 

成長期サプリに最も大事なのは栄養バランスの底上げ

イメージ画像

アルギニンの経口効果がわずかであれば、

アルギニンを切り捨てていいのでしょうか?

 

成長期に最も必要なのは、

特定の栄養素を多く摂取することではなく、

成長期に必要なあらゆる栄養素を十分に摂取して

栄養バランスを取ることです。

 

ドベネック桶の理論

https://item.rakuten.co.jp/smc/g12/

 

これは”ドベネックの桶の理論”というものです。

この左の図のように栄養素の体内バランスが取れていると、

桶の貯水量(栄養素の効果)が最大になります。

 

しかしどれか一つでも不足すると、

一番少ない栄養素のレベルでしか栄養素の効果は発揮されません。

 

ですからどれか一つの栄養素を豊富に摂取しても

ほかが足りないと意味がないのです。

 

これは成長期のサプリメントも同様です。

アルギニンやカルシウムだけではダメですし、

逆にアルギニンなどのアミノ酸を欠いてもダメなのです。

 

成長期サプリメントの効果の期待値は

特定の栄養量で決まるのではなく

以下にトータル的に栄養のバランスを底上げしてくれるか

によって決まります。

 

さらに言及すると、

食事のバランスが完璧だからといって、

十分な睡眠や適度な運動ができていなければダメ。

 

生活全体のバランスも取れてはじめて

身長を伸ばす可能性を最大限に引き出す環境が整うです。

 

 

コメントを残す