成長にアルギニンは重要じゃない?量やコスパより大事なことは?

                       

トップ画像

 

この記事ではこんな事が分かります。

  • アルギニンって何?成長とアルギニンの関係とは?
  • アルギニンの摂取量と身長の伸びは比例する?
  • サプリメント選びでアルギニン以上に重視すべきこと

 

アルギニンって何?背が伸びることとどんな関係があるの?

イメージ画像

一昔前は身長を伸ばすにはカルシウムと

言われてきましたが、近年注目されている

のが「アルギニン」です。

 

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 免疫機能の向上
  • 脂肪代謝の促進

といったさまざまな役割があります。

 

 

このアルギニンですが、実は医療現場で

低身長のお子さんへの成長ホルモン分泌

テストにも使われているんです。

 

 

こういったことから、アルギニンは

子供の成長に欠かせない成分だという認識が

広まったと考えられます。

 

 

アルギニンを広めた理由は他にもあった

イメージ画像

アルギニンは本来、体外から摂取せずとも

体内で生合成される”非必須アミノ酸”です。

 

 

しかし、子供のうちは体内では

わずかにしか合成されないんです。

 

 

なので子供にとってアルギニンは

食品で摂取すべき”必須アミノ酸”

といえます。

 

 

そういったこともあり、成長期において

アルギニンを摂取することの重要性が

叫ばれるようになったのです。

 

 

アルギニンの必要摂取量は?

イメージ画像

アルギニンは一日に4000mg程度

摂るのが望ましいとされています。

(成長期は5000mgとも言われます)

 

 

9000mg以上摂取すると過剰となり、

稀にですが、吐き気や腹痛、下痢の

原因になることもあります。

 

 

一日に必要なアルギニンを食品で摂取すると?

コラーゲンたっぷり豚料理

一日に必要なアルギニン4000mgを

食品で摂取する場合、

以下を参考にしてみてください。

100gあたりのアルギニン含有量(mg)

豚ゼラチン7900mg、乾燥湯葉4400mg、高野豆腐(凍り豆腐)4100mg、かつお節4000mg、エビ1800mg、鶏むね肉(皮なし)1500mg、豚肉ロース1300mg、鶏むね肉(皮なし)1500mg、鶏ひき肉1500mg、卵黄1200mg、牛レバー1200mg、鶏レバー1200mg、豚レバー1100mg、牛タン1000mg、牛サーロイン800mgなど

食材によってずいぶん含有量が変わりますね。

 

 

例えば豚の角煮だと簡単に4000mgを

クリアできそうですが、牛ステーキなら

ちょっと頑張る必要があります。

 

 

大食な子だと問題無いかもしれませんが、

一般的な子だと献立や食費の都合などで

毎日基準値を満たすのは少し大変かもしれません。

 

 

アルギニンはサプリで補うべき?

イメージ画像

アルギニンに限らず成長期に必要な栄養を

食事だけで補うのは難しいと考えられています。

 

 

だからこそ誕生した成長期サポートサプリ。

 

 

食費+αのコストが掛かりますが、

食事だけでは摂取不可能な栄養が毎日

簡単に摂取できるのはありがたいですよね。

 

 

アルギニン配合の商品は色々ありますが

吸収率の高いL-アルギニンを配合したものや、

配合量の多い商品はとくに人気があります。

 

 

アルギニンの量とサプリの値段は比例する?

イメージ画像

アルギニン配合の成長期サプリの販売元の

多くは、アルギニンの配合量を公開していません。

 

 

しかし中にはアルギニンの配合量の多さを

ウリにするものも。(私が知る限り最高

はドクターセノビルの5000mg)

 

 

そんなアルギニン高配合のサプリですが

実はお値段も高めなんです。

 

 

「効果が高いものには費用を惜しむな

ってことよね~」と思いましたか?

 

 

もしそう思ったあなたは、ぜひ

成長期サプリメントを選ぶ視点を

見直してみませんか?

 

 

衝撃!アルギニンの経口摂取効果は解明されてなかった

イメージ画像

実は、こんなデータがあります。

(国立スポーツ科学センターの調査結果)

<成長ホルモン分泌促進>

  • アスリートを対象とした研究では、
    1. (1)男性有酸素トレーニング経験者15名 を対象に、運動前にL-アルギニンを体重あたり0.075 g摂取させたところ、血中成長ホルモン濃度や心拍数、血圧に影響は認められなかった。
    2. (2)男性ウエイトトレーニング経験者18名を対象に、運動前に体重あたり0.075gのアルギニンを摂取させたところ、運動中に血中アルギニン濃度が上昇したが、成長ホルモン濃度に影響は認められなかった。

0.075g/kg摂取ということは60kgの人なら4.5g

 

 

つまり、一日の摂取基準値程度のアルギニン

を口から摂取しても成長ホルモンの濃度に

変化がなかったということです。

 

 

実験の対象人数も少ないですし、

この研究結果が確実とはいえませんが、

ちょっとショッキングな結果です。

 

 

それでも医療現場で使用されている根拠は?

イメージ画像

一方でこんな研究結果も。

味の素のスポーツ栄養科学研究データからの抜粋です。

Knopfらが実施した、早朝の空腹時に健常な成人に対して、各種のアミノ酸をそれぞれ30gずつ静脈内に投与し、その30分後の血しょう中の成長ホルモンの濃度を測定した実験では、アルギニンを投与した際に、このホルモン濃度が最も上昇する結果となりました。

引用:https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports-eiyou.html

https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/sports-eiyou.html

アルギニンの成長ホルモン分泌効果が確認できます。

 

 

この研究と、前者の研究で異なるのは

アルギニンの摂取量と摂取方法です。

 

  • 前者は一日の必要量程度経口で摂取
  • 後者は30g(多量)を静脈に直接投与

 

医療現場で使用されるものは当然、後者です。

 

 

つまり、アルギニンには成長ホルモン分泌を

促す効果があるものの口から摂る程度の量では

大きな効果は期待できないということです。

 

 

成長期サプリの価値はアルギニンの量や値段では決まらない

イメージ画像

上の研究結果から、サプリ(食品)において

アルギニン量と価格は比例しないと言えます。

 

 

ということは”アルギニンが多い”ことを理由に

割高なサプリメントを買う必要もありません。

 

 

すると、ここで疑問が生まれます。

 

 

アルギニンに効果がないのなら、

マルチビタミンとミネラルサプリで

事足りるのではないか?と。

 

 

成長期サプリに最も大事なものとは?

イメージ画像

アルギニンの経口効果がわずかであれば、

アルギニンを切り捨てていいのでしょうか?

 

 

成長期に最も重要なのは、特定の栄養を

多く摂取することではなく、成長期に必要な

あらゆる栄養素を十分に摂取することです。

ドベネック桶の理論

https://item.rakuten.co.jp/smc/g12/

栄養バランスが優れてこそ各栄養の効果は

最大限発揮されるため省略していい栄養は無いのです。

 

 

つまりサプリメントも栄養バランスを

最重視すべきなんです。

 

 

栄養バランスの取れたサプリでも効果がない場合も

イメージ画像

さらに言及すると、

食事のバランスが完璧だからといって、

 

十分な睡眠や適度な運動ができていなければダメ。

 

 

生活全体のバランスも取れてはじめて

身長を伸ばす可能性を最大限に引き出す

環境が整うのです。

 

 

イメージ画像

中高生にはフィジカルBを最もオススメします。

 

というのもフィジカルBは

  • アルギニンと必須アミノ酸を吸収されやすい黄金バランスで配合
  • 低年齢の子は量を減らしたほうがいいほど栄養価が高い
  • 吸収率重視でビタミン・ミネラルもバランスよく摂れる

という栄養たっぷりなサプリなんです。

 

栄養バランスと配合量を高水準で求めるなら

フィジカルBが一番ですよ。


フィジカルBの詳細を見てみる

 

 

 

コメントを残す