アスミールのアルギニンや栄養量では中学生への効果は半減?

                       

トップ画像

 

この記事ではこんな事が分かります。

  • アスミールの栄養成分や特徴は?
  • 中学生以上にもアスミールは効果があるの?
  • 人気のアスミールにもデメリットが?

 

 

アスミールの人気の秘密とは?

http://asmile.red/

「みるみる のびのび アスミ~ル♪」のCMで

おなじみのアスミールは、成長期サプリでも

とりわけ人気のある商品の一つです。

 

 

その人気の秘密は、イメージキャラクターに

小倉優子さんを起用したり印象的なCMを

流したりとPR上手なことにもありますが、

 

 

お手頃価格で、ビタミンやカルシウム・鉄分等

のミネラルがバランス良く摂取できる事が

一番の理由でしょう。

 

 

また小さいお子さんでもおいしく飲める

ココア味という点も魅力の一つです。

 

 

アスミールの栄養成分は?

イメージ画像

アスミールの栄養成分は以下の通り。

栄養成分表示(6gあたり)

エネルギー 21.4kcal / たんぱく質 0.29g / 脂質 0.29g / 炭水化物 / 4.28g /

ナトリウム 5.8mg / ビタミンD 3.8μg / カルシウム 488mg / 鉄 6.4mg /

マグネシウム 75.5mg / 亜鉛 2.1mg


原材料名:グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、

乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、

カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、

コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、生成ナットウ菌培養物、

メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有生成魚油粉末、

未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、

ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、

ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、

ビタミンB12(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

ドロマイトや煮干しパウダーなど、

吸収力に優れた天然由来成分が多く

使用されているのは良いですね。

 

アスミールは一日に必要な栄養がこんなに摂れる!

http://asmile.red/ad500/

アスミールと牛乳100mlにはこれだけ

たくさんの種類の栄養が含まれています。

 

 

気になる点と言えば、アミノ酸(たんぱく質)

の配合量が少ない点と、炭水化物が多い点。

 

 

炭水化物は主に原材料のトップに並ぶ糖質や

味付け成分だと思われますが、コレのお陰で

おいしく飲めるわけなので単純に否定はできません。

 

 

しかし添加物は必要最低限に抑えられているし、

一日百数十円でこれだけ栄養が多種多様に

摂取できるので良心的なサプリだと言えます。

 

 

アスミールの対象年齢は何歳から何歳まで?

イメージ画像

アスミールの推奨年齢は”幼児以上の子供”です。

 

 

具体的な年齢制限はないのですが、

食物アレルギーが確認でき、体がしっかり

してくる年齢(3歳前後)からが安全です。

 

 

逆に年齢の上限はないため、家族みんなで

健康維持のために飲むこともできます。

 

 

アスミールのアレルギー成分は?

イメージ画像

アスミールには原材料に

乳成分大豆ゼラチンが含まれます。

 

 

粉末自体に乳成分が入っているので

牛乳を豆乳に代えてもダメですよ。

 

 

アスミールに含まれるアルギニン量は極少だった?!

イメージ画像

アスミールのアルギニンの量は非公開です。

 

 

ですが、原材料を見てみると、

ビタミンDの直前にL-アルギニンとあります。

(原材料は多い順に表記されます)

 

 

ビタミンDは成分表示によると多くても3.8μg

なので、アルギニン量もごく少量だと推測します。

 

 

とはいえ、食品においてはアルギニン量より

アミノ酸やその他の栄養の配合バランスが

大事です。

 

 

アルギニンが少ない=効果が期待できないと

考えるのも安直だと言えます。

 

 

中学生・高校生には栄養が足りない?

イメージ画像

アスミールの公式サイトによると

「アスミール一杯でカルシウム86%、

ビタミンD75%、鉄分85%…を補える」とのこと

 

 

 

でもこれって、何歳ぐらいの人を

想定しているのでしょうか?

 

 

配合量が明らかな成分から算出したところ

アスミールは小学校中学年程度の子供を基準に

栄養配合率を算出していると推測できます。

 

 

しかし、8歳くらいの子供と比較すると、

中学生の子は1.2~1.5倍位の栄養が必要です。

 

 

すると当然、栄養基準値を占める割合も

変わってきますよね。

 

 

中学生にはアスミール2杯必要?

イメージ画像

成長期の中学生は、小学生ほど

アスミールで栄養を補えません。

(成長期は最も栄養を必要とする時期です。)

 

 

では一日の摂取量を増やすべきでしょうか?

 

 

メーカーに問い合わせたところ、

中高生でも基準量(1杯)を摂取すれば

有効な栄養摂取が行えるとのことでした。

 

 

ですが、特に体格がいい子や運動量の多い子など、

栄養に不安に感じる場合は一日2杯でもOKとのこと。

上限は5杯までだそうです)

 

中学生以上の子にベストなアスミールの量は?

イメージ画像

ちなみにあくまで私調べですと、

アスミールは2杯も飲めば、

中学生の栄養補給は十分だと思います。

 

 

それ以上増やすと、摂取カロリーや糖分が

多くなるのでオススメしません。

 

 

ただ2杯飲むとなるとひと月の費用は倍

ですから、肝心の価格面のメリットは

なくなりますよね。

 

 

それなら当サイト1位のフィジカルBのほうが

栄養バランス、量ともに優れているので

アスミールを選ばなくても…と思うのですが。

 

 

アスミールのジワジワ効くデメリットとは?

イメージ画像

アスミールのデメリットをまとめました。

  1. ドリンクタイプは手間がかかる
  2. 牛乳嫌いや体調が悪い時はキツイ
  3. カロリーを気にする子には不向き

 

1について、アスミールはシェイカーと

牛乳が必須なので飲む場所が限られます。

 

 

2については水や豆乳等で代替できる

ものの栄養効果が下がるのは難点です。

 

 

3について、成長期のダイエットは禁物

ですが、毎日必ずアスミールの糖分と

乳脂肪を摂るのがストレスな子もいるでしょう。

(実際は1杯で太る程のカロリーではないけど)

 

 

【まとめ】アスミールはバランスよく栄養補給できる優れたサプリ

イメージ画像

アスミールのデメリットはその特性を

理解すれば克服できない壁ではないでしょう。

 

 

総合的に見て、アスミールは

栄養バランスに優れた良いサプリです。

 

 

本当は1日2杯が望ましいですが、

1杯でもそれなりに栄養を補えます。

 

 

なんといってもコストパフォーマンス抜群!

成長期サプリは継続してなんぼですから

コスパに優れたアスミールはオススメできます。

 

 

ですがもし、アスミール2杯分より安くて

栄養量・バランスに優れたサプリが良いなら↓へ。

 

 

イメージ画像

中高生にベストなアスミール2杯分

以上のパフォーマンスを見せるのが

フィジカルBです。

  • 一杯で中高生に十分な栄養量を配合
  • 牛乳いらずで手軽に飲める
  • 栄養配合量より実際の吸収量にこだわった配合

 

アスミール2杯よりお手頃ですし、

中学以降の数年の短期決戦であれば

フィジカルBの吸収力は大きな武器になるはずです。

フィジカルBの詳細を見る

 

 

コメントを残す