アルギニン高配合ドクターセノビルにデメリットが?!副作用は?

メイン画像

ドクターセノビル(De.Senobiru)の特徴

成長期サポートサプリメントを選ぶ上で、

アルギニンの有無や配合量にこだわる人も多いですよね。

 

そんな人々から支持されているのが

ジュースタイプのサプリメント、

「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」です。

 

アルギニン含有量No.1のドクターセノビル


ドクターセノビルには、一袋(コップ一杯)あたりに

なんと2500mgのアルギニンが濃縮配合されています。

(しかも吸収率の高いL型アルギニンです)

 

さらに適正量の二袋を飲むことで

一日あたり5,000mgのアルギニンを摂取できるんです。

 

これは成長期サプリの中ではダントツの量です。

 

実はアルギニンは医療の現場でも

低身長の子の成長ホルモン分泌の負荷テストに使われているほど、

成長ホルモン分泌の即効性を認められている成分なのです。

 

アルギニン以外の栄養成分も配合

イメージ画像

ドクターセノビルにはアルギニンだけでなく、

多数の栄養素が配合されています。

 

アルギニンと同様に成長ホルモン分泌を促す

オルニチンシトルリン、そしてα-GPC

 

骨の成長を助けるボーンペップ

エネルギーを生産したりアミノ酸を作るビタミンB群

栄養の宝庫のスピルリナ

 

さらに、アルカリ性の強いアルギニンを中和してくれる

クエン酸も配合されています。

 

そしてクセの強いアルギニンを飲みやすくするために

さっぱり味のグレープフルーツ風味に仕上げてあります。

 

ドクターセノビルの対象年齢は何歳から何歳まで?

イメージ画像

ドクターセノビルに対象年齢はとくに定められていません。

公式サイト曰く、幼児から大人まで多数の愛飲者がいるそうです。

 

原材料(卵、大豆、ゼラチン等)にアレルギーがなければ

小さなお子様でも飲ませることができます。

 

アルギニンは摂りすぎても大丈夫?副作用は?

イメージ画像

他社の製品ではアルギニン配合量を公開していないものが多いのですが、

多いものでも1000mg程度です。

 

しかし、ドクターセノビルは一日5000mg

ものすごい高配合です。

 

医療現場でも導入されるほどのアルギニンを

一度にこんなにたくさん摂取して大丈夫?

と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ですが、ご安心ください。

一般的に、アルギニンの一日あたりの必要量は4000mg程度、

上限は成人の場合で9000mg程度と考えられています。

 

ですから5000mgというのは適正なレベルなのです。

 

それに医療現場で使用されるアルギニンは

私達が入手できる栄養補助食品のそれよりももっと高配合ですから、

サプリが悪影響になるということも無いのです。

 

もちろん、副作用もありません。

サプリメントはあくまでも「食品」です。

「薬」ではありません。

そもそも食品には副作用という概念が無いのです。

 

配合成分からわかるドクターセノビルの効果

実際にドクターセノビルにはどのような成分がどんなバランスで

配合されているのでしょうか?

 

栄養分析表示と、原材料名を見てみましょう。

栄養分析表示 一袋7gあたり

エネルギー 27.8kcal / タンパク質 2.5g / 脂質 0.06g / 炭水化物 4.31g /

ナトリウム 0.6mg(食塩相当量0.0015g)| L-アルギニン2,500mg

 

原材料名:エリスリトール、デキストリン、グレープフルーツ果汁末、

さとうきび抽出物、L-オルニチン塩酸塩、L-シトルリン、モズク抽出物、

スピルリナ末、高麗人参抽出物、コラーゲンペプチド(ブタ由来)、

卵黄ペプチド、α-GPC含有食用精製加工油脂末 /L-アルギニン、

クエン酸、香料、甘味料(カンゾウ・スクラロース)、ビタミンB12

(原材料の一部に卵、大豆、ゼラチンを含む)

 

タンパク質2.5gと成長サポートサプリの中ではかなりの高スコア。

L-アルギニンもしっかりと2500mg配合と記載されています。

 

ただここで気になったのが、タンパク質量とアルギニンの量です。

アルギニンは栄養表示の中だと、

脂質や炭水化物ではなくタンパク質に含まれているのだと思いますが、

タンパク質2.5gとL-アルギニン2500mgて同量ですよね?

 

ということは同じタンパク質の部類である

その他のアミノ酸成分やペプチド類は

ごくごくわずかしか含まれていないということでしょうか?

 

また原材料を見てみると、

アミノ酸系のL-オルニチン塩酸塩より前は

すべて味付け成分だということが分かりますね。

 

ビタミン類が豊富なスピルリナも序列が低いですし、

どれだけ含まれているかは疑問です。

 

このことから、ドクターセノビルは

アルギニン摂取に非常に偏ったサプリメントであると考えます。

 

アルギニンが多いと身長が伸びる効果も上がる?

イメージ画像

 

アルギニン成長との因果関係は

世界各地で研究されています。

 

しかし食事で多量に摂取することに関しては、

「効果がある」「効果がない」

どちらの研究結果も報告されており

現時点での真相はわからないのです。

 

でも、実際に医療現場でも使われていますよね?

 

たしかに、アルギニンが成長ホルモン分泌を促すのは事実です。

 

しかし、医療現場で用いられているものは

われわれが食品から摂取するものより

アルギニンの量が段違いであること

そして点滴や注射などで血液に直接送り込むということから

同じ次元では語れないのです。

 

アミノ酸の桶の理論

そしてアルギニン量にこだわりがあるのなら

ぜひ見ていただきたいのですが、

樽の理論

http://www.jnet-store.com/lp/totalup/adw/

 

これはアミノ酸の桶の理論を表した図です。

 

ご覧のように人間の体内にあるアミノ酸には

それぞれに必要量が定められており、

それぞれがバランス良く摂取されることで

まるで桶に水が満タンに貯まるように、骨やコラーゲン(体のもと)が作られます。

 

しかし、たった一つのアミノ酸が不足するだけで

その他のすべてのアミノ酸も

いちばん低い数値のアミノ酸分の働きしかしなくなるのです。

 

つまり特定のアミノ酸を大量に摂取したとしても

他のアミノ酸たちのバランスが追いついていなければ

意味が無いということ。

 

これはアミノ酸に限った話ではありません。

 

口から摂取する栄養素すべては

お互いの働きかけによって機能しています。

 

だからこそ、成長に有効な栄養素が一つでも不足していれば、

他の栄養素も効果をフルに発揮できません。

 

アルギニンの量より栄養バランスにこだわって

イメージ画像

成長サポートサプリの大半にはアルギニンが配合されています。

 

だからこそアルギニンの質や量にこだってしまうのは

消費者心理として当然だと思います。

 

ですがアルギニンは魔法の薬ではありません。

栄養の一種類に過ぎないのです。

 

もしアルギニンを大量に摂取することが

身長アップに直結するのであれば、

他社の成長サプリもアルギニン盛り盛り合戦になっているでしょう。

 

いやそれ以上にアルギニン単体のサプリメントが

バカ売れしているに違いありません。

 

でも実際はそうなっていませんよね?

 

アルギニンを効率よく吸収するのであれば、

量ではなく、他の栄養素とのバランスを摂ることが最も重要です。

 

ドクターセノビルのアルギニンに特化した商品作りは批判しません。

 

しかし「値段は高いけどアルギニンたっぷりだから当然だよね?」

と言わんばかりの消費者心理を手玉に取るような販売戦略は

個人的にはちょっとなぁ~っと思ってしまいます。

 

 

コメントを残す