“プロテインで身長が伸びない”驚きの理由とは?

                       

トップ画像

 

この記事ではこんな事が分かります。

  • プロテインは太る?筋肉がついて身長が止まらないの?
  • 成長期のプロテインに足りないものとは?
  • プロテインをオススメする人は?

 

 

子供にとってプロテインはどんな役目があるの?

イメージ画像

プロテインと聞くと、スポーツ選手だったり、

筋肉ムキムキマッチョマンの栄養補給という

イメージを持つ人も多いかもしれません。

 

 

しかし成長段階の子供のためのプロテインも

いろいろな会社から販売されています。

(ザバスやウィダーが代表的)

 

 

大人のプロテインといえば肉体改造のための

ものが一般的ですよね。

 

 

一方、子供にとってのプロテインは、

成長期の栄養補給やスポーツ時の

エネルギーチャージのために開発されました。

 

 

ジュニアプロテインと一般的なプロテインとの違いは?

イメージ画像

プロテインといっても種類は様々です。

 

大人用のプロテインには、牛乳由来や大豆由来

などの純たんぱく質のものをはじめ、ビタミン

やミネラルを加えたダイエット用等もあります。

 

 

一方で子供用は、主にたんぱく質に加えて

成長期に重要な鉄分やビタミンB群などが

配合されています。

 

 

ジュニアプロテインは純度は高くありませんが、

エネルギーチャージや成長に特化した

栄養がブレンドされているのが特徴です。

 

 

筋肉がつきすぎると身長が止まるんじゃ?

イメージ

プロテインといえば筋肉のイメージですが

子供の成長を筋肉が邪魔するのでは?

と心配する人もおられると思います。

 

 

しかし、プロテインを摂取するだけで

たちまちマッチョになるわけではありません。

 

 

プロテインの原料のアミノ酸(たんぱく質)は

筋肉の元となる栄養素ですが、その他に血液・

内蔵など体のあらゆる器官の材料でもあるんです。

 

 

なので、プロテインを摂取したからといって

筋肉に集中的に栄養が集まるわけではないんです。

 

 

それに子供用はたんぱく質の純度が低いので

過度な筋トレをしない限りはムキムキになりません。

 

 

プロテインは太らないの?

イメージ

「プロテインは太る」そんな噂もあります。

 

 

肥満は身長アップには良くないですから

心配になりますよね。

 

 

ですがプロテイン自体に太る効果はありません。

 

 

仮に太るとすればプロテインと一緒に大量の牛乳

(乳脂肪)を摂取した、またはプロテインの

味付け成分の糖質で太ったと考えられます。

 

 

とはいえ、実際に太ってしまうのは

運動量が少ないのに多量のプロテインを

摂取するような特定の人だけでしょう。

 

 

 

プロテインは身長を伸ばすための最適の方法ではない?

イメージ

プロテインは牛乳と合わせて摂取することで、

良質のタンパク質(アミノ酸)やカルシウム

鉄分などを摂取することができる優れた栄養食です。

 

 

ですが、プロテインだけでは

身長を伸ばす可能性を最大限には

引き出せないと考えます

 

 

プロテインに足りない大切なもの

イメージ画像

カルシウムとアミノ酸、また商品によっては

鉄分やビタミンB群が豊富に含まれる

ジュニア用プロテインですが、

 

 

それだけ摂取していれば

身長が伸びるわけではありません。

 

 

それらが有効に機能するためには

ビタミン類やミネラル類など、数多くの

栄養の力を借りないといけないんです。

 

 

こういった栄養成分を追加したプロテインも

ありますが、大抵の場合、配合量はごく少量

と考えて良いでしょう。

 

 

ひと目で分かる!プロテインだけでは栄養が補えないという実情

栄養推奨量

これは12~14歳が一日に摂取したい栄養です。

※どの商品も栄養価の高い食材で計算しています。

 

 

全てがプロテインに含まれていませんから

足りない栄養は食事で摂る必要があります。

 

 

しかし現代の食事だけで、国が定めた栄養

推奨量を満たすのは厳しいと言われています。

 

 

例えば、生ピーマン2.7個分って数日なら

ともかく毎日となると結構大変ですよね?

 

 

そう考えると食事+プロテインだけでは

必要な栄養全てを満たすことは難しい

栄養が偏ってしまいかねませんよね。

 

 

プロテインはこんな子にオススメ

イメージ

こんなお子さんにはプロテインがおすすめです。

  1. ・肉や魚(たんぱく質)が苦手で野菜や海藻中心の食生活
  2. ・日頃の栄養バランスは完璧だが、スポーツで激しくエネルギーを消費する

どちらもたんぱく質が不足気味のお子さんです。

 

 

1については肉嫌いの野菜好きの子供は

少数派かもしれませんね。

 

 

2については、スポーツ少年少女はたくさん

いると思いますが、栄養バランスは完璧!と

言い切れるお子さんは少ないのではないでしょうか?

 

 

そういう意味では、プロテインが最善という

お子さんの方が少ないと言えるでしょう。

 

 

身長アップにはプロテインより成長期サプリ

イメージ

体の成長を目的とするなら、

体作りに特化したプロテインより

成長期サプリをオススメします。

 

 

成長期サプリには体を作るアミノ酸や

カルシウムだけでなくビタミンやミネラルを

総合的に摂取できる優れものもあります。

 

 

トータル栄養バランスが取れていないと

カルシウムやアミノ酸のをいくら摂っても

効果は十分に発揮されません。

 

 

だからこそ成長期サプリを摂取する方が

身長アップの可能性は高くなると考えられます。

 

 

イメージ画像

プロテインよりも効率よく栄養が補える

成長期サプリのオススメはフィジカルBです。

<フィジカルBの特徴>

  • アミノ酸・ビタミン・ミネラルがバランスよく摂れる
  • アルギニンと必須アミノ酸が吸収されやすい黄金バランス
  • 牛乳とシェイカー不要!サラッと飲めて継続しやすい

 

成長期サプリは数ありますが、

中高生には栄養量・質ともにこれがベストです。


フィジカルBの詳細を見てみる

 

 

 

コメントを残す