身長アップを謳うカルシウムサプリに効果がない納得の理由

メイン画像

身長アップにはカルシウムが必要?

昔から背が伸びる食品の代名詞は「牛乳」でした。

それは、牛乳がカルシウムを豊富に含んでいるからです。

 

現在、市場にはカルシウムを多く含んだサプリメント(健康食品)が存在しています。

 

その中でもカルシウムに特化した子供向けサプリメントは

身長の低いお子さんをもつ親御さんに人気の商品です。

 

しかし、

カルシウム特化型のサプリメントを摂取すれば

みんながみんな身長が伸びるとは限らない

のです。

それは何故なのでしょうか?

 

カルシウムの役割とは?

イメージ

カルシウムとは骨や歯のもとになる成分です。

 

カルシウムを摂取することで丈夫な骨が作られていくため、

これから身長伸び盛りの子どもたちにとっては大事な栄養素です。

給食に毎日必ず牛乳がついていることからもその重要性は分かりますよね。

 

あたりまえですが、通常骨は生え変わりませんから、

年老いたときにいかに健康な足腰でいられるかは

幼いうちからいかに丈夫な骨を作っていくかにかかっています。

 

カルシウム不足の日本人

骨イメージ

カルシウムには厄介な点があります。

それは吸収率が悪いということ。

 

例えば200mlの牛乳には

およそ220mgのカルシウムが含まれているのですが、

そのうち栄養として吸収されるのはわずか4割ほど。

野菜のカルシウムに至っては1~2割程度まで吸収率が下がります。

 

ちなみに中学生男子のカルシウム必要量は800mg(牛乳3.6本分)、

女子は700mg(牛乳3.1本分)と、吸収率の悪さゆえとても多いんです。

 

それゆえに、われわれ日本人は

日常的にカルシウム不足という課題を抱えているのです。

 

子供向けのカルシウムサプリが多く誕生したのには

こういう背景があったんですね。

 

カルシウムサプリは成長に効果なし?

イメージ

カルシウムが不足しがちな日本人が

サプリメントでカルシウムを補うことは理にかなっていますよね。

 

では、成長期のサポートサプリとしてはどうでしょうか?

結論を言いますと、一部の子供を除いては効果は薄いと言えます。

 

”骨を作るカルシウムの不足分を効率的に摂取できるんだから

効果ないのはおかしいのでは?”

普通はそう思いますよね。

 

ですが、絶対に私たちが忘れてはいけないことが

一つあるんです。

 

それは

カルシウムは骨を丈夫にするが、

カルシウムに骨を伸ばす役割はない

ということ。

 

ですから、カルシウムを主成分とした

成長期サプリメントには、

それそのものに身長を伸ばす効果がない

ということです。

 

カルシウムとマグネシウムに特化したサプリの効果も同様

補足ですが、

カルシウムに特化したサプリメントには、

マグネシウムも同時に強化した商品が多くあります。

 

マグネシウムはカルシウムの吸収率を上げるための栄養素です。

 

ですから、カルシウムとマグネシウムを同時に摂取することは

非常に効率的ではあるのですが、

それに身長を伸ばす役割があるかと言えば、

残念ながらありません。

 

また、さまざまな栄養素が複合的に配合された

成長サポートサプリメントであっても、

成分の比重がカルシウムやマグネシウムに

大きく偏ったものについては効果が薄いと考えます。

 

カルシウムサプリに効果が期待できるのはこんな子

イメージ

カルシウム自体に身長を伸ばす効果がないとはいえ、

カルシウム摂取に特化したサプリと相性がいい子もいます。

 

それは、

日常的にカルシウム以外の栄養素を

しっかり摂取できているという子です。

 

牛乳や小魚や海藻は嫌いだけど、

肉類や野菜、豆類、炭水化物はたっぷりと食べているから

カルシウム以外の栄養バランスは完璧!

 

と言えるのであれば

カルシウム特化サプリは役に立つかもしれません。

 

というのも、栄養素は

一つが足りなくても飛び抜けていてもダメで、

バランスが取れて初めて最大限の効果を発揮してくれるからです。

 

だからこそ、あとはカルシウムさえ摂れれば…

という子には最適なサプリでしょう。

 

カルシウム特化サプリが向かないのはこんな子

イメージ

    • 普段からカルシウムをたくさん摂取しているが背を伸ばしたいのでもっとカルシウムが欲しい
    • 野菜嫌い
    • 肉嫌い
    • 魚嫌い
    • 偏食気味
    • 朝食を抜くなど食事のリズムが乱れている

こんな子供にはカルシウムに特化したサプリメントは向かないでしょう。

 

実際のところ、カルシウムだけが不足しているケースは

少数派ではないでしょうか。

 

食の好みは千差万別ですから

誰しも、程度の差こそあれ

いくつかの栄養素が不足しているのが

現状ではないでしょうか。

 

だからこそさまざまな

 

栄養素をバランス良く含有したサプリメントが

成長期にはうってつけと言えます。

 

コメントを残す