遺伝じゃない?背が伸びない中学生に共通する原因は?

                       

トップ画像

 

この記事ではこんな事が分かります。

  • 身長が両親から遺伝する確率は?
  • 子供の身長を予測する方法
  • 背が伸びない中学生の共通点とは?

 

身長は両親から遺伝する?

子供の身長は両親の身長が大きく影響する

と考える人も多いようです。

 

 

「両親背が高いのに子供は意外と低い」

「身長が低いから結婚相手は背が高くないと」

というような会話をよく耳しますよね。

 

 

ですが、実際のところ

両親の身長が子供の身長に遺伝する割合は

そこまで大きくないようです。

 

 

遺伝が身長に影響する割合が意外だった

イメージ

身長と遺伝の関係についての見解は意外にも

研究者によって様々です。

 

 

10%程度、50%程度、90%などなど。

(20~30%説が多いようです。)

 

 

つまり科学的に身長と遺伝の謎は

まだ解明されていないということです。

 

 

しかし多くの研究者に共通する意見は、

親の身長が子の身長に影響を与えるものの

遺伝は成長の要因の一つに過ぎないというもの。

 

 

身長は遺伝的要因に左右される部分以上に

生後の環境要因に影響を受ける部分が大きい

というのが定説です。

 

 

簡単に子供の身長を予測計算する方法

子供の身長は遺伝では決まらないのですが、

ある程度予測する方法をご紹介します。

※あくまで目安ですよ

<子供の身長を予測する計算式>

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

 

このように数値を入力すれば簡単に身長を予測してくれるサイトも。

予測身長計算サイト

https://keisan.casio.jp/exec/system/1372142265

ちなみに、画像は私のデータなんですが、

167cmとモデル並みの長身予測に対して

私の実際の身長は159cm・・・全然違う。

 

 

環境要因の大きさをたった今、実感しています(泣)

 

 

背が伸びない中学生に見られる共通原因とは?

イメージ

私のように遺伝子的に背が伸びる可能性を

与えられながらその効果を発揮できなかった

という人もいれば、その逆の人もいます。

 

 

先程、環境要因が需要と言いましたが

特に成長最盛期の中学時代の生活習慣は

身長と密接に関係してきます。

 

 

身長が伸びにくい子供には

共通する原因がいくつかあるようです。

 

 

原因①睡眠時間が◯時間足りない

イメージ画像

成長ホルモン睡眠中に最も多く分泌される

ため、睡眠不足は低身長の原因となります。

 

 

アメリカ国立睡眠財団(NSF)の報告によると

14~17歳の推奨睡眠時間は8~10時間ですが、

 

 

日本の同年代の平均睡眠時間は

10~14歳で約8.2時間

15~19歳で約7.2時間と不足気味

(総務省平成28年社会生活基本調査より)

 

 

受験勉強や課外活動、友達付き合いなど

多忙になる年代というのが

関係しているかもしれませんね。

 

 

後一時間、睡眠時間を多く取りたいですね。

 

原因②スマホやゲーム依存で負のスパイラルに

イメージ画像

スマホやゲームの使いすぎは禁物!

とくに寝る前の使用には注意が必要です。

 

 

利用することで脳が興奮状態になるため

寝付きが悪くなり、睡眠の質も低下します。

 

 

また画面から発せられるブルーライトは

太陽光(紫外線)と波形が似ているため、

体が日中だと勘違いし、体内時計が狂ってしまいます。

 

 

さらにゲームやスマホに夢中で同じ体勢でいると

姿勢が悪くなり、血行が悪化、結果的に

成長に悪影響を及ぼします。

 

 

原因③運動不足で〇〇が低下する

イメージ画像

スマホも然り、現在は外に出ずとも

歩かずとも楽しめる方法が多々あります。

 

 

その結果、運動不足の子も少なくありません。

 

 

しかし運動にも成長ホルモン分泌効果があるため

運動しないと、成長ホルモンの分泌量が減少します。

 

 

また運動不足だとお腹が減らず、食事量も減り

成長に必要な栄養を十分得られないことも。

 

 

④ダイエットが逆効果になっている

イメージ画像

日本人(特に女性)には細い=美しい

という独特の価値観がありますが、

この価値観は年々低年齢化しています。

 

 

しかし成長期にダイエットは禁物!

この時期は大人以上の栄養が必要なんです。

 

 

仮に減量に成功しても満足できるのは一時。

 

 

数年後には身長が伸びず肌も荒れ、貧血で

体調不良の日々、なんていう恐ろしい未来

待ち受けているかもしれません。

 

 

思春期に脂肪がつくこのは必要な過程だと

お子さんに説明してあげると良いでしょう。

 

 

原因⑤”太っている”と”育っている”は大違い!

イメージ画像

ダイエットもダメですが、

肥満も成長期の大敵なんです。

 

 

栄養を十分採っているからと安心しがち

ですが栄養が十分だからこその問題も。

 

 

幼少期から肥満気味の子は身長も

他の子よりも大きい傾向があります。

 

 

すると脳は「十分大きくなったなぁ」と判断し、

 

他の子たちより早く第二次性徴をはじめます。

 

 

 

身長が伸びるピークは第二次性徴とともに

終わりを迎えるため、グンと身長が伸びる前に

成長期が終わってしまう可能性があるんです。

 

 

原因⑥ストレス厳禁!子供にストレスを与えるアレをしていませんか?

イメージ画像

中学生ぐらいの多感な時期には、家庭環境や

友人関係、勉強などにこれまで以上に

ストレスを感じる子も多いです。

 

 

通常ストレスを受けるとコチゾールという

通称ストレスホルモンが分泌され、

ストレスから体が守られます。

 

 

しかしコチゾールが過度に分泌されると

成長ホルモン分泌が妨げられることもあるのです。

 

 

もしかしたらあなたもお子さんにストレスを

与えていませんか?

 

 

「背が伸びないから何とかしてあげよう」

という親心でも、想いが強く伝わり過ぎれば

それも立派な”ストレス”になってしまいます。

 

 

原因⑦お菓子はご飯じゃありません!

イメージ画像

とにかくお菓子が大好きな子は要注意!

 

 

実はお菓子には人工甘味料や合成着色料

保存料など食品添加物が多く含まれています。

 

 

日本のお菓子はとっても美味しいんですが

実は添加物の規制の緩さは海外を圧倒するほど。

 

 

食品添加物は肥満やアレルギーの原因と

なるものもあれば、リン酸塩のように

成長の邪魔をしてしまうものもあります。

 

 

またお菓子のせいで食事量が減ってしまうと

栄養バランスが大きく偏ってしまい

成長機能が正常に働きません。

 

 

一つでも当てはまれば直ちに対策を!

イメージ

上記の原因に一つ以上該当するのなら

お子さんの成長を妨げる原因は

まさにそこにあるのかもしれませんよ。

 

 

これを期に生活習慣を見直してみましょう。

 

 

お親御さん自身の身長に、伸びなかった

心当たりがあれば、体験談を交えて

お子さんと話し合うのもおすすめです。

 

 

イメージ画像

遺伝以上に生活習慣が身長に大きな影響を

与えますが、睡眠・運動はともかく食生活

の改善は大変です。

  • 多種多様な食材を多量に調理する必要があり、時間とコストの負担が大きい。
  • 偏食の子にも苦手な食べ物を毎日多量に食べさせないといけない。

 

どちらも当然の事ですが、これが不可能だから

現代人は慢性的に栄養不足なんです。

 

そこで身長UP対策に熱心な家庭の多くは

こんなものを使用しています。

成長効率を上げる秘密を見てみる

 

 

コメントを残す