遺伝じゃない?背が伸びない中学生に共通する原因は?

                       

トップ画像

身長は両親から遺伝する?

子供の身長は両親の身長が大きく影響すると考える人も多いようです。

「両親背が高いのに、子供は意外と伸びなかった」

「自分の身長が低いから結婚相手は背が高くないと」

というような言葉は日常生活でもよく耳にするのではないでしょうか?

 

ですが、実際のところ

両親の身長が子供の身長に遺伝する割合は

そこまで大きくないようです。

遺伝が身長に影響する割合は少ない

イメージ

身長と遺伝の関係についての見解は

研究者によって様々です。

10%程度、20%程度、50%程度、90%などなど。

 

つまり科学的に身長と遺伝の謎は

まだ解明されていないようです。

 

しかし、大抵の研究者に共通する意見は、

親の身長が子供の身長に(多かれ少なかれ)

影響を与えるのは確かだが、

遺伝は実際の成長の要因の一つに過ぎないということです。

 

つまり、身長は遺伝的要因に左右される部分もあるけれど、

それ以外=生後の環境要因に影響を受ける部分が大きいだろう

ということです。

 

子供の身長を予測計算する方法

子供の身長は遺伝では決まらないのですが、

ある程度予測する方法をご紹介します。

※あくまで目安ですよ

<子供の身長を予測する計算式>

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

 

このように数値を入力すれば簡単に身長を予測してくれるサイトも。

予測身長計算サイト

https://keisan.casio.jp/exec/system/1372142265

こんな感じで簡単に予測身長を算出してくれます。

 

ちなみに、画像の値は私の両親の身長なんですが、

167cmとモデル並みの長身の予測に対して私の実際の身長は159cm

全然違う・・・。
環境要因の大きさをたった今、実感しています(泣)

 

背が伸びない中学生に見られる共通原因とは

イメージ

私のように遺伝子的に背が伸びる可能性を与えられながら

その効果を発揮できなかった人もいれば、

両親は小さくても予測以上に長身に成長した人もたくさんいます。

 

その背景には生活環境があります。

特に成長期の中学生時代の生活スタイルは

身長と密接に関係してきます。

 

身長が伸びにくい子供には共通する原因がいくつかあるようです。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

身長が低い中学生の生活チェック

①睡眠時間が短い

成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるのは睡眠中。

よって睡眠時間の不足は低身長の原因になります。

 

アメリカ国立睡眠財団(NSF)のレポートによると、

14~17歳の推奨睡眠時間は8~10時間だそうです。

 

一方、日本の同年代の平均睡眠時間は

10~14歳で約8.2時間

15~19歳で約7.2時間

(総務省平成28年社会生活基本調査より)

 

平均値を見ると一般的に中学生の睡眠時間は

ギリギリ8時間に届いています。

しかし15歳以降になると一気に睡眠不足に。

 

受験勉強や課外活動、友達付き合いなど

多忙になる年代というのが関係しているかもしれません。

 

②スマホに依存気味

思春期はスマホアプリやSNSに最も興味を示す時期ですよね。

しかし使いすぎはよくありません。

特に寝る前の使用には注意が必要です。

 

スマホに限らずゲームなども同様ですが、

利用することで脳が興奮状態になるため、

なかなか寝付けなかったり、質の良い睡眠が取れなかったりします。

 

そしてスマホの画面から発せられるブルーライトは

太陽光(紫外線)と波形が似ているため、

体が日中だと勘違いし、体内時計が狂ってしまいます。

また、ゲームやスマホに没頭して同じ姿勢でいると

姿勢が悪くなり、発育に悪影響をもたらします。

 

③運動不足

スマホにしてもそうですが、

現在は外に出ずとも、歩かずとも楽しめる方法が

たくさんあります。

 

それゆえに運動不足の子供も少なくありません。

 

しかし運動にも成長ホルモンを分泌する効果があります。

また、しっかりとお腹を空かせることができるので

栄養摂取にも役立ちます。

 

④ダイエットをしている

日本人(特に女性)には細い=美しいという

独特の価値観があります。

 

そのうえ近年ではアイドルの低年齢化で

同年代の中高生もテレビの中の美少女のように

細くなりたいという願望が強くなっているようです。

10代半ばのアイドルが太ったら「劣化」と騒ぐのも

現代の悪しき風潮ですよね

 

本来成長期は大人以上に栄養を必要とする時期ですが、

この時期にダイエットをしてしまうと

身長が伸びないどころか健康を害する恐れもあります。

 

この時期に体つきが良くなるのには

生物学的な理由があるということを

お子さんに説明してあげるといいかもしれません。

⑤肥満気味

太っているということは

栄養が足りているんだから問題ない

と思う人もいるかもしれません。

 

しかし栄養が足りているからこその問題も。

 

幼少期から肥満気味の子は

身長も他の子よりも大きい傾向があります。

すると脳は「もうすっかり大きくなったなぁ」と判断して、

他の子たちより早く第二次性徴をはじめます。

 

身長が伸びるピークは第二次性徴とともに

終わりを迎えるため、

本格的に身長が伸びだす前に

成長期が終わってしまう可能性もあります。

 

また、肥満状態だと成長ホルモンの分泌が抑えられる

とも言われているため、身長が伸びません。

⑥ストレスを抱えている

中学生ぐらいの多感な時期には、

家庭環境や友人関係、勉強などにこれまで以上に

ストレスを感じる子も多いです。

 

ストレスは心の問題だけにとどまりません。

 

人間がストレスを受けるとコチゾールというホルモン

(通称ストレスホルモン)を分泌します。

これにより代謝がや免疫機能が活発になり、

体がストレスから守られます。

 

しかしコチゾールが過度に分泌されることによって

成長ホルモン分泌が妨げられることもあるのです。

 

さらには肌荒れや免疫機能の低下を招くこともあります。

 

もしかしたらあなたの「子供の背が伸びない」というプレッシャーが

お子さんに伝わっていませんか?

それも立派な”ストレス”なんですよ。

 

⑦お菓子が大好きで偏食気味

とにかくお菓子が大好きで、

お菓子でお腹が一杯になる子がいますよね。

 

実はお菓子には人工甘味料や合成着色料

保存料などなど食品添加物がたくさん含まれています。

 

日本のお菓子はとってもおいしいんですが、

添加物の規制の緩さは海外を圧倒するほどなんですよ。

 

そんな食品添加物ですが、

肥満やアレルギーの原因になったり、

ひどい場合は糖尿病や癌の原因になるなど体にいものとは言えません。

 

そして食品添加物の中でも成長期に気をつけたいのが

”リン酸塩”です。

 

リンは本来カルシウムなどと同様に骨を作る成分なのですが

過剰摂取することで逆にカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

 

リン酸塩は万能で

膨張剤、偏食防止剤、結着剤など多用途のため

肉や麺の加工食品、清涼飲料水、調味料、お菓子などなど

あらゆる食品に含まれています。

 

ということは適度な摂取なら問題はないのですが、

お菓子をたくさん食べていると過剰摂取を招くこともありえます。

 

加えてお菓子のせいで食事量が減ってしまうと

栄養バランスが大きく偏ってしまいます。

 

栄養バランスが取れてこそ体内の成長機能が

正常に働くため、偏食は成長の敵であると言えます。

イメージ

以上のチェックポイントに一つまたは複数該当するのであれば

お子さんの成長を妨げる原因はまさにそこにあるのかも。

(ちなみに私の身長が伸びなかったのは確実に睡眠不足です。)

 

これを期に生活習慣を見直してみましょう。

お親御さん自身の身長に伸びなかった心当たりがあれば、

体験談を交えてお子さんに話してあげるといいかも知れませんね。


  
 

コメントを残す