お金をかけずに背を高くする7つの方法

                       

トップ画像

 

 

この記事ではこんな事が分かります。

  • 身長が伸びるメカニズムとは?
  • 今日から実践できる背が伸びる方法7つ

 

お金を掛けずに身長が伸びるなんて怪しくない?

イメージ画像

この記事ではこれから成長期のピークを迎える

お子さんや親御さんにオススメの「無料で」

身長を伸ばす方法をご紹介します。

 

 

”お金をかけずに背を高くする”なんて聞くと

なんだか怪しく聞こえるかもしれませんね。

 

 

ですが、ここでご紹介する方法は決して怪しい

ものではなく、努力すれば誰でもできる方法

なんです。

 

 

背を高くするカギはいかに〇〇を分泌させるか

イメージ

ではまず、身長を伸ばす方法をお話する前に

身長が伸びる仕組みをご説明します。

 

 

成長ホルモンという言葉、多くの方が

耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

人間のカラダは脳下垂体から分泌される

成長ホルモンの働きによって代謝が促され

成長していきます。

 

 

つまり身長を伸ばすためには、いかに

成長ホルモンを分泌し、骨を伸ばせるか

が鍵となってくるのです。

 

 

骨を伸ばすってどういうこと?

骨端線の画像

http://www.judo-akimoto.com/child_medicine29.htm

骨の端には軟骨組織(骨端線)というものが

あり、そこが成長ホルモンの作用で成長して

硬い骨へ変化することで骨が伸びます。

 

しかし骨端線は男子で17~18歳女子で

15~16歳頃に閉じてしまい、それ以降

骨(身長)が伸びなくなります。

 

 

つまり骨端線がある10代半ばまでに

いかに成長ホルモンを分泌するかが

カギなのです。

 

 

成長ホルモンはいつでもどこでも分泌されません!

イメージ画像

成長ホルモンは成長期だからといって

四六時中ドバドバと分泌されている

わけではありません。

 

 

無条件に分泌されているなら、

今あなたがこの記事を読む理由なんて

ありませんよね。

 

 

じつは成長ホルモンには

分泌されやすいタイミングがあるのです。

 

 

勘違いされやすい?睡眠中の成長ホルモン分泌

睡眠イメージ

成長ホルモンは最も深く眠っている状態

(徐波睡眠)中に分泌されます。

 

 

徐波睡眠とは、脳が完全に休んでいる

ノンレム睡眠中の、とくに眠りの深い

段階の睡眠のことです。

 

 

”夜10時から夜中の2時”にたくさんの

成長ホルモンが分泌される説が、美容に

関心ある女性の間で定説化していますが

 

これ、間違いですからね!

 

 

肝心なのは睡眠の質であって、

眠っている時刻ではありません。

 

 

運動後の3時間が勝負です!

運動イメージ

睡眠中に最も分泌される成長ホルモンですが

運動後の約3時間にわたって分泌される

ことも分かっています。

 

 

運動後にアミノ酸系飲料やプロテインの

摂取を推奨されてるのはそのためです。

 

 

このように、睡眠中や運動後にいかに

たくさんの成長ホルモンを分泌できるかが

身長を伸ばすためのポイントなのです。

 

 

成長期に実践すべき7つのこと

イメージ画像

成長ホルモンの分泌のタイミングを

分かっただけでは身長は伸びません。

 

 

肝心なのは、分泌されるべき時に

いかに多量に分泌できるかどうかです。

 

 

”ホルモン分泌をコントロール”と聞くと

難しそうですが、実は生活を工夫するだけで

特別お金を掛けずとも実践できるんですよ。

 

 

①「寝る子は育つ」成長期真っ只中に必要な睡眠時間は?

睡眠イメージ

なんと言っても睡眠は肝心!

 

 

アメリカ国立睡眠財団=NSFの調査によると

14~17歳の推奨睡眠時間は8~10時間との

ことなので、少なくとも8時間は眠りましょう。

 

 

そして質の高い睡眠のために、就寝前に

脳も体もリラックスすることが大切です。

 

 

寝る前のスマホいじりや激しい音楽はNG!

読書や穏やかな音楽を聴いたり、アロマを

炊くなど、ゆったり過ごしましょう。

 

 

②運動はしなくても、しすぎでもダメなんです

イメージ画像

いくら睡眠が大切とはいえ、

寝てばかりで動かないのも問題。

 

 

過度な運動や体への負荷が大きい運動は

逆効果になることもありますが、

適度な運動は必要不可欠です。

 

 

成長期にオススメの運動はコレ!

バスケットボール

縦方向に力を掛ける運動は、骨端線に

刺激を与えてくれると言われています。

 

 

具体的にはジャンプや走る動きなどです。

 

 

そこでオススメのなのはバスケットボール

バレーボール

 

 

もし本格的なスポーツが苦手であれば、

ランニング縄跳びもおすすめです。

 

 

ちなみにランニングはいいのですが、

マラソンはエネルギーを消耗しすぎるので

成長期には控えたほうがいいでしょう

 

 

成長期に向かない運動の条件とは?

ウエイトトレーニング

成長期に向かない運動の条件

  1. 体に大量の負荷がかかる運動
  2. 食事制限が必要とされる運動
  3. 体力を大きく消耗する運動

 

1は器械体操ウエイトトレーニングなど

体の一部に極端な負担が掛かる運動のこと。

(重いものを持つのは特に良くないそうです)

 

 

2は新体操フィギュアスケートなど、小柄

な選手が有利とされ、食事制限を要する運動。

 

 

3はスポーツの種類は問わず、毎日食欲が

なくなるまで運動するようなオーバーワーク

の状態を言います。

 

 

③成長期にオススメのストレッチを取り入れる

ストレッチ

身長を伸ばすためによいとされるストレッチ

を短時間でも毎日取り入れるのもオススメ。

 

 

実はストレッチが身長に及ぼす効果は実証

されてはいないのですが、ストレッチで

柔軟性が高まり血行が良くなるのは事実です。

 

 

血行が良くなれば体も脳も活動が活発になるし

姿勢矯正にも役立つのでメリットいっぱいです。

 

 

④正しい姿勢を!中学生は悪い姿勢が身につきやすい?

イメージ

正しい姿勢は成長にとって非常に大事です。

 

 

姿勢が悪いと血流が悪くなり成長が妨げ

られるだけではなく、内蔵にも負担がかかる

ため、将来に健康問題に発展する可能性も。

 

 

すぐ分かる正しい姿勢チェック方法

イメージ画像

まず壁際に立ってみてください。

 

かかと・お尻・肩甲骨・後頭部が全て

壁と接していますか?

左右の肩や肩甲骨の高さが等しいですか?

 

 

次に椅子に座ってみてください。

 

 

深く腰掛けた時にお尻と背中の両方

背もたれに付いていますか?

 

 

全ての条件に当てはまれば、あなたの姿勢は

正しいです。

 

 

中学生は意外と姿勢が悪くなりやすい?!

イメージ画像

人間は長時間同じ体制でいると、姿勢が

崩れやすくなってしまいます。

 

 

授業時間や、自宅学習の時間が長くなる

中学生の生活には姿勢が悪くなる要素が

詰まっているわけです。

 

 

はじめは違和感を感じていた不自然な

姿勢でも、日常化すると筋肉がそれに対応

してしまい、悪い姿勢が定着します。

 

 

悪い姿勢は慣れるほどに治すのが困難

なりますから、腹筋や背筋を鍛えたり

ストレッチを取り入れて改善に努めましょう。

 

 

⑤ストレスを溜めると成長ホルモンに恐ろしい作用が!

イメージ

脳がストレスを感じてしまうと成長ホルモン

の分泌を妨げるコチゾールというストレス

ホルモンが分泌されます。

 

 

遊び・スポーツ・恋愛ect.  個々に合った

ストレス解消方法を見つけることが大切です。

 

 

親御さんはお子さんの感情を押さえつける

のではなく、受け止めてストレスを逃して

あげてください。

 

 

悩みやすい子や感情が不安定な子の場合は

メンタルコントロール方法などを学ぶと

いいかもしれませんね。

 

 

難しい年頃ですから、書籍や地域の育児相談会

などを利用するのもいいと思います。

 

 

⑥間食のおやつを〇〇に置き換える

イメージ

子供が大好きな市販のお菓子やジュース等には

たくさんの食品添加物が含まれています。

(合成甘味料、合成着色料、保存料など)

 

 

実は食品添加物の一部には、成長期に必要な

栄養の吸収を阻害する成分もあるんです。

 

 

そこで間食対策にオススメなのが”置き換え”です。

スナック菓子をおにぎりや小魚やヨーグルトに、

炭酸ジュースを牛乳や豆乳に。

 

 

このように置き換えるだけで食品添加物を

除去でき、栄養をより多く摂れて一石二鳥ですよ。

 

 

⑦最難関!栄養を制するものが成長期を制す

イメージ

栄養成分の中には成長ホルモンの分泌を

促すものもあれば、体を作る材料に

なるものもあります。

 

 

「身長を伸ばすためにはアルギニンがいい」

「骨の成長のためにはカルシウム

などと言われますが、

 

 

それらをたくさん摂取するだけで身長が

ぐんぐん伸びるほど、人間の体は単純では

ありません。

 

 

一つの栄養が効果を十分に発揮するためには

複数の栄養が連鎖的に機能する必要があります

 

 

現代の子供に不足している3つの栄養成分とは?

イメージ画像

現代の子供は慢性的にカルシウム

ビタミンミネラルが不足しています

 

 

ちなみに以下が中学生男子の

一日に摂取すべき栄養素(推奨量)です。

(成長期に重要度の高い栄養素を抜粋)

栄養推奨量

これだけの品目を毎日食べていますか?

 

 

成長期の子供の理想の食生活は実現不可能?!

イメージ画像

理想的な食事は”一汁三菜+栄養あるおやつ”

そして不要な添加物を避けるためにも

手作りが望ましいです。

 

 

が、現代社会において理想の食生活を実現

するのは至難の業なんです。

 

 

共働きも多いですし、仮に全て手作りできても

上の表のような多品目を毎日食事に取り入れる

となると金銭面でもハードルが上がります。

 

 

この難易度が最も高い栄養問題を乗り越え

られると、身長UPの可能性が格段に増す

ので、最も力を入れるべき所と言えます。

 

 

イメージ画像

中学生の成長期には睡眠・運動・食事が不可欠。

 

なかでも最も困難なのは栄養面の改善です。

  • 日常の食事では摂取不可能な、十分な栄養を補いたい
  • 偏食・少食の子でも成長期に希望を持たせたい
  • スポーツを頑張る子にもっと栄養をつけてあげたい

食事の改善だけでは難しいこれらの問題を

あっという間に簡単に解決できる方法もあります。

 

 

上記7か条を実践した上で取り入れれば

身長アップの可能性が格段に上がりますよ。


身長UPの可能性を伸ばす方法を見る

 

 

コメントを残す